たてまち(立町)
町名の由来





由来

観音寺門前の
町筋と直交して
西隣りは京口御門まで通じる町筋であった事から
立町と称した。
町の規模は
小さいが、
城下町の
中心的市街を
形成しており、
芝原浄林を始め、光田庄右衛門・
油屋善四郎などの豪商が住んでいた

 




(( 戻る ))